工業用品の通販なら現場市場 > 台風災害特集2021

台風災害特集

台風災害特集

夏は各所で発生している大雨やゲリラ豪雨などが発生しやすい季節です。
また7月から10月にかけて台風がもっとも多く発生します。
台風は、大雨による水と強く吹く風の被害が発生しやすいので、しっかりと対策や避難準備が必要になります。
今回は、台風についての大雨・暴風対策と避難に向けての準備について紹介していきたいと思います。

台風が来て、大雨や風が強くなる前に作業を行いましょう。

家の外での台風対策

・屋外にある風に飛ばされてしまいそうなものは、固定したり屋内へ移動させましょう。
・水の流れを良くするために側溝や排水溝を掃除しましょう。
・川沿いや低地の住宅の方は、土のうなどで水の侵入を防ぐ準備をしましょう。

台風の風は強く、特に瞬間的に吹く風はいろんなものを吹き飛ばしてしまいます。実際、台風の後に工場の駐車場のカーゲートが風で折れ曲がったなど被害をよく聞きます。また落ち葉が溜まり、屋根の排水が出来ず、思わぬ所から雨漏りが発生したりします。油断せず備えをしっかり行いましょう。

作業用手袋

レインスーツ

長靴

ヘルメット

はしご・脚立

ショベル

ほうき・チリトリ

ロープ

ネット

現場シート

ヘッドライト

土のう

室内の安全対策をしましょう。

家の中の備え

・雨戸を閉め、窓には養生クロステープや飛散防止フィルムを貼り、カーテンやブラインドを下ろす。
・停電や断水になっても良いように、ポータブル電源の充電や浴槽に水を溜めて生活水を確保する。

屋内で一番怖いのは、台風の風による窓ガラスが割れてしまうことだと思います。ガラスが割れた破片は鋭利で危険です。まずは割れたガラスが飛び散らないようにテープを貼ったり、窓ガラス用フィルムを貼って対策して下さい。しかし、普通の布テープやクラフトテープでは、窓ガラスに張った後に、剥がすのが大変です。テープが上手く剥がれず残ったり、貼った後が残ったりします。そこで活躍するのが養生クロステープです。建築用ですので剥がれやすく糊残りが少ないのが特徴ですので、ぜひ養生クロステープを使用してみてください。
次に、厄介なのが停電です。昔はローソクで灯を取っていましたが、いまの時代の問題はやはり暑さ対策のための扇風機や携帯電話の充電ではないでしょうか?そこで活躍するのがポータブル電源です。アウトドアでも利用する方も増え、見る機会が多いと思います。一度、停電したときに使いたい家電や機器を想起して、使用電力にあったポータブル電源を検討するのはいかがでしょうか?

養生クロステープ

窓用フィルム

踏台

バケツ

ポリ缶

避難生活用品

ランタン

台風情報や警報・注意報など情報に注意し、早めの準備と早めの避難を心掛けましょう。

避難する準備

・避難場所と避難経路を確認し、市区町村で作成されているハザードマップにて危険な場所を把握する。
・避難用品(ラジオ・懐中電灯・蓄電池など)の確認と準備をする。

明るい昼間ではなく、寝ている深夜に台風が通過する際、非難するとしたら外は真っ暗です。ライトなど避難用品は普段使わないため、ちゃんと点灯するのか?電池はあるのか?など事前の動作確認もしっかり行ってください。
避難するのに一番重要なのは心の余裕だと思います。天気予報や警報・注意報などの情報から危険を予測し早め非難を心掛けて下さい。

懐中電灯

発電機

コードリール・延長コード

電池

避難用品

避難生活用品

表示モード: スマートフォン | PC
このページの上部へ