ねじ・ボルト・ナット

ねじは螺旋状の溝を部材に噛ませることで、部材同士を固定する為に用いられます。ねじ山が外側に入ったものをボルト(おねじ)、ねじ山が内側に入ったものをナット(めねじ)と呼び、基本的にボルトとナットはセットで使います。ボルトとナットのサイズは規格で定められており、一部日本独自のものもありますが基本的にJIS規格に準じています。サイズを間違えると上手く締結することが出来ないので注意が必要です。

おすすめの特集・キャンペーン

メーカー一覧


NP掛け払い

領収書についてはこちら

メールが届かない場合

偽サイトにご注意ください

Twitter

インスタグラム

表示モード: スマートフォン | PC
このページの上部へ