土嚢

土のう袋(土嚢袋)・雑袋・ガラ袋は、土を入れたり、(現場の廃材を入れる)ゴミ袋として使われます。  土のう袋の種類としては、国産土のう袋・輸入土のう袋・UV土のう袋・吸水土のう袋・UVブラック土のう袋・OD土のう袋・クリスタル土のう袋・マクラ土のうなどがあります。 雑袋(ガラ袋)は、現場のゴミ袋・収集袋として使われています。

おすすめの特集・キャンペーン

よくあるご質問

  1. Q.輸入品と国産品の違いとは
    輸入土のうと国産土のうでは、品質が大きく違います。主に輸入土のうは、長期使用を目的としておらず耐候性が高くありません。国産土のうは、1年・2年・3年と商品によって長期間使用できる品質になっています。使用目的合わせてお選びください。
  2. Q.土のう袋に土はどれぐらい入れるんですか?
    土のうの作る際によく聞かれる質問ですが、袋一杯に入れてしまうと口元を結ぶのが大変になります。現場での目安としては、袋の6割程度の土の量が好ましいです。メーカーによっては、土のう袋に目安の線が付いていますので、参考にして下さい。
  3. Q.マクラ土のうってどのように使うんですか?
    マクラ土のうは、通常の土のうと違って細長い形状をしています。その為、広範囲に設置したい時などに良く使用されます。しかし、細長いため高く積み上げることが難しいです。主に地面に張られたシートの重しや、大雨の際など雨水や泥水止めなど簡易的に設置する際に良く使用されます。

その他気になることがございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

土のうのコラム一覧

メーカー一覧


NP掛け払い

領収書についてはこちら

メールが届かない場合

偽サイトにご注意ください

Twitter

インスタグラム

表示モード: スマートフォン | PC
このページの上部へ