工業用品の通販なら現場市場>現場市場マガジン>荷崩れを防ぐストレッチフィルムの用途別使い方と価格の相場も紹介

荷崩れを防ぐストレッチフィルムの用途別使い方と価格の相場も紹介

倉庫作業にストレッチフィルム

ストレッチフィルムは工事現場や倉庫作業で欠かせないアイテムです。
テープなしで梱包・荷崩れ防止の固定・機材の保護ができるため、あらゆる場面で役立ちます。

この記事では、
 □ ストレッチフィルムの特徴
 □ ストレッチフィルムの使い方
 □ おすすめの製品
についてご紹介します。

ストレッチフィルムとは?食品用などのラップとの違い

ストレッチフィルムは資材や荷物を固定したりまとめたりするために使われる伸縮性のある薄いフィルムです。

我々の生活に身近な食品用ラップのような仕組みで、フィルム同士がくっつくのでテープや接着剤、紐などが不要で簡単に資材をまとめられる便利なグッズとして、多くの現場で用いられています。

食品用のラップとの違いは、
 □ 素材の違い
 □ 大きさ
 □ 用途
が挙げられます。

食品用ラップでは、より密閉力の高いPVDC(ポリ塩化ビニリデン)を使っていますが、ストレッチフィルムはより安価で頑丈なLLDPEを使用していることが多いです。
また、一般的なストレッチフィルムは幅50cm程度と大きめで、食品の密閉ではなく簡易梱包・資材の保護が主な用途です。

ストレッチフィルムの基本的な使い方

ストレッチフィルムは、手巻きか機械巻きのどちらかで使われます。
手作業の場合と、機械を使う場合のストレッチフィルムの巻き方をご紹介していきます。

手巻きする場合

1.最初にフィルムの先端が動かないよう固定する
荷物と荷物の間に挟んだり、どこかに結びつけるなどしてフィルムが動かないようにしましょう。

2.下→上の順で巻いていく
すきまができないように気をつけながら、下から上の順番でストレッチフィルムを巻いていきましょう。
上の段にいく時は、フィルムの1/3〜1/4くらいが重なるように巻くと荷物が動きにくいです。
一番下と一番上の部分は2〜3周フィルムを巻くと、より強度が高くなります。

3.ストレッチフィルムを切る
フィルムが巻き終わったらカッターか荷物の角を使って、フィルムを切りましょう。
切り口が浮かないように手でフィルムを押し付けて密着させれば作業完了です。

機械巻きする場合

1.包装機にフィルムと荷物をセットする
専用の包装機を使う場合は、フィルムをセットして荷台部分に梱包したい荷物を置きます。
包装機はターンテーブル状で荷物が回るもの、フィルムセット部分が回る自走タイプがあります。

2.スイッチを入れてフィルムを巻く
手巻き時と同じく、先端が動かないように固定したらスイッチを入れて巻き始めます。

3.巻き終わったら完了
全て巻き終わったら作業は終了です。
機械巻きをする際は、ストレッチフィルムは機械用のものをご使用ください。

ストレッチフィルムの意外な用途を紹介

ストレッチフィルムの用途についてご紹介します。
中には意外なものもあるので、ぜひご活用ください。

資材・梱包材などをまとめる

作業現場で散らばりがちな資材や梱包材、業務用の大きいものは意外と収納がしにくかったりしますよね。
ストレッチフィルムは大きな資材から小さくバラつきがちな備品までサイズに関係なくすぐまとめられるので、屋外での作業にもおすすめです。
また、紐や接着剤を使用しないので使いたい時もすぐ取り出せて便利ですよ。

商品梱包

ストレッチフィルムの使い道としてもっとも一般的なのが、発送時に商品を固定する方法です。
段ボールに入った商品などが運搬時に荷崩れしないため、種類や数ごとにまとめて管理するために使われます。

BtoCで少量の製品のやり取りをする場合も、発送時に商品を固定するために梱包材と組み合わせてストレッチフィルムを使うケースも多いです。

機械や設備の保護に

機械や設備を運搬する際に、湿気や埃の侵入を防ぎ部品を失くさないためにストレッチフィルムが使われることがあります。
特に取り外しやすい部品が付いている機械などは、短距離の運搬でも部品が損失することがあるのでストレッチフィルムを使って固定すると良いでしょう。

簡易的な防水シートとして

急遽防水シートが必要になった場面でも、ストレッチフィルムは活躍します。
耐水性が高い素材を使っているので、湿気や水分から保護する効果があります。
広い範囲に使用する場合はフィルム同士を重ねて、隙間から漏れないようにしましょう。

ストレッチフィルムの価格相場は?

ストレッチフィルムの平均的な価格は、幅50cmのものが6巻入で大体4,000〜6,000円くらいです。

1ロール辺りの巻きの長さや、フィルムの厚み、メーカーによっても異なるため大まかな目安ではありますが、大体この価格帯の製品が多いようです。
薄いフィルムは衝撃に弱く、厚いフィルムは梱包しにくい傾向がありますが、薄くても強度が高かったり厚みがあっても巻きやすい製品も増えてきました。

また、手巻き用の方がリーズナブルで、機械用のフィルムの方が頑丈で値段が高い傾向にあります。

現場市場おすすめストレッチフィルム&周辺製品

こちらでは、現場市場で取り扱っているおすすめのストレッチフィルムと周辺グッズについてご紹介いたします。

OSK ストレッチフィルム 14ミクロン 500mmx300m 6巻入り 1箱

商品名 OSK ストレッチフィルム 14ミクロン 500mmx300m 6巻入り 1箱
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード 00274586
メーカー 現場市場オリジナル
価格 3,300円(税込 3,630円)
バリはや便 対応(福岡または静岡から発送)
用途 手巻き用フィルム
仕様 幅500mm/長さ300m/厚さ14㎛
材質 低密度ポリエチレン(LDPE)
内容量 6巻入

現場市場オリジナルのストレッチフィルムです。
程よい伸縮性と高い密着性で梱包しやすいとご好評頂いております。

高品質でリーズナブルな価格のため、「まずは試しに使いたい」という場合にもおすすめです。

現場市場商品ページ

OSK ストレッチフィルム 12ミクロン 500mmx500m 6巻入り 1箱

商品名 OSK ストレッチフィルム 12ミクロン 500mmx500m 6巻入り 1箱
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード 00274585
メーカー 現場市場オリジナル
価格 4,700円(税込 5,170円)
バリはや便 対応(静岡)
用途 手巻き用
仕様 幅 500mm/長さ 500m/厚さ 12μm
材質 低密度ポリエチレン(LDPE)
内容量 6巻入

同じく現場市場オリジナルブランドのストレッチフィルム、こちらは12μmの薄いタイプです。
薄いことでより密着しやすいので、小さいものから大きいものまで広くお使いいただけます。

現場市場商品ページ

OSK ストレッチフィルム 18ミクロン 500mm x 300m 6巻入り 1箱

商品名 OSK ストレッチフィルム 18ミクロン 500mm x 300m 6巻入り 1箱
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード 00274587
メーカー 現場市場オリジナル
価格 4,200円(税込 4,620円)
バリはや便 対応(静岡・福岡から発送)
用途 手巻き用
仕様 幅 500mm/長さ 300m/厚さ 18μm
材質 低密度ポリエチレン(LDPE)
内容量 6巻入

現場市場オリジナルストレッチフィルムのシリーズ中、もっとも厚みがあるタイプの製品です。
大きな荷物、大量の荷物を運搬する時にもおすすめです。
ボールペンのように尖ったものを差し込んでも穴が開きにくく、高強度の製品をお探しの方にお試しいただきたいフィルムです。

現場市場商品ページ

積水樹脂 ストレッチフィルム 500mmx300m 6巻入

商品名 積水樹脂 ストレッチフィルム 500mmx300m 6巻入
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード OG-SEKISUI JUSHI-stretch film
メーカー 積水樹脂(株)
価格 3,730円〜(税込 4,103円〜)
バリはや便 対応(静岡から発送)
用途 手巻き用
仕様 幅 500mm/長さ 300m
材質 ポリエチレン(PE)
内容量 6巻入

ストレッチフィルムと言えば、積水樹脂を思い浮かべる方も多いはず。
それほどお馴染みの存在で、ポリエチレンを使用した高品質なフィルムは幅広い分野で支持されています。

現場市場商品ページ

大化 ストレッチフィルムダイカラップ

商品名 大化 ストレッチフィルムダイカラップ
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード PG-M-2-0455
メーカー 大化工業(株)
価格 5,930円〜(税込 6,523円〜)
バリはや便 対応
用途 手巻き用
仕様 幅 500mm/長さ 300m/厚さ 14μm・16μm
材質 ポリエチレン(PE)
内容量 6巻入

品質を追求する大化工業のベーシックなストレッチフィルムです。
薄肉化と密着性、強度を両立した製品で、使い勝手の良さが人気です。

現場市場商品ページ

富士工業 細幅 ストレッチフィルム まくんです 20μ

商品名 富士工業 細幅 ストレッチフィルム まくんです 20μ
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード OG-FUJIKOGYO-makundesu
メーカー 富士工業(株)
価格 190円〜(税込 209円〜)
バリはや便 対応(静岡から発送)
用途 手巻き
仕様 幅 50mm/長さ 300m/厚さ 20μm
材質 ポリエチレン(PE)
内容量 1巻

幅5cmとかなり細いタイプのストレッチフィルムです。
小物や小さめの段ボール、冊子などの梱包に最適なサイズなので、作業現場にとどまらず家庭用としても人気があります。

現場市場商品ページ

富士工業 オーキッドカラーストレッチフィルム 20ミクロン 500mmx300M

商品名 富士工業 オーキッドカラーストレッチフィルム 20ミクロン 500mmx300M
商品カテゴリ ストレッチフィルム
商品コード OG-FUJI KOGYO-color stretch film
メーカー 富士工業(株)
価格 2,000円(税込 2,200円)
バリはや便 対応(静岡から発送)
用途 手巻き用
仕様 幅 50mm/長さ 300m/厚さ 20μm
カラー:白/黒/赤/青/黄
材質 -
内容量 1巻

カラー付のストレッチフィルムです。
5色のバリエーションがあるので、種類ごとに色分けして作業効率の改善・誤作業の予防が期待できます。
倉庫業の他にも、引越し・印刷・食品製造など広い分野で活躍しています。

現場市場商品ページ

TRUSCO ストレッチフィルムホルダー

商品名 TRUSCO ストレッチフィルムホルダー
商品カテゴリ フィルムホルダー
商品コード PG-M-2-0513
メーカー トラスコ中山(株)
価格 790円〜(税込 869円〜)
バリはや便 対応
用途 手巻き用フィルムの紙管上下にセットして強度や使用感の調節をする
仕様 幅 104mm/長さ 116mm/高さ 43mm
ノーマル/ブレーキ機能付き
材質 ポリプロピレン
内容量 1セット入

手巻き用フィルムの紙管を上下にセットして使うホルダーです。
ホルダーをセットすることで、いちいち手を回さなくてもロールが回るのでより巻きやすくなります。
強度が調節できるブレーキ機能がついたものも販売しております。

現場市場商品ページ

タイユー 回転台マワール エコノミータイプ ピンク 500kg 直径800mm

商品名 タイユー 回転台マワール エコノミータイプ ピンク 500kg 直径800mm
商品カテゴリ 回転式荷台
商品コード PG-P-5-0256
メーカー (株)大阪タイユー
価格 32,730円〜(税込 36,003円〜)
バリはや便 対応
用途 荷物をまとめて梱包・組み立て・積み込み・塗装する際に仕様
仕様 最大積載500kg/700kg/900kg
材質 スチール
内容量 1個

マワールの上に台を乗せ、その上に荷物を乗せて回転させるために使います。
梱包作業の他、塗装やトラックへの積み込み、設備の組み立てなどにも使用できます。

現場市場商品ページ

TRUSCO ストレッチフィルム・ダンボール用カッター TSD-256

商品名 TRUSCO ストレッチフィルム・ダンボール用カッター TSD-256
商品カテゴリ ストレッチフィルム用カッター
商品コード 00766097
メーカー トラスコ中山(株)
価格 530円(税込 583円)
バリはや便 対応
用途 フィルムや段ボール、ひもなど梱包材のカット
仕様 全長 166mm/厚さ 18mm/幅 51mm
材質 本体:ABS樹脂 刃:焼入歯(SK-5)
内容量 1個

ストレッチフィルム、段ボール用カッターです。
プチプライスでありながらあらゆる梱包材がカットできるので、作業の様々な場面で重宝すること請け合いの製品です。

現場市場商品ページ

まとめ

ストレッチフィルムは荷物の荷崩れ防止以外にも、資材をまとめたり機材を保護したりと多様な使い道のあるグッズです。
接着しないため荷ほどきも比較的しやすいので、作業効率化にもつながり今や多くの分野でなくてはならない存在となっています。

記事中でご紹介したものの他にも、現場市場では数多くの製品を取り扱っております。
ストレッチフィルムをお探しの際は、こちらのページもぜひ合わせてご覧ください。

筆者アイコン

ヤスのコメント

ストレッチフィルムは運送業や倉庫業の方など利用される方にはずっと使用される消耗品なので、出来ればコストも品質も出来ればいいものを選んでいきたいですね。上記の選び方を参考に長く使っていただけるストレッチフィルムを見てけてもらえると嬉しいです!




この記事を書いた人

イメージ画像

ヤス

愛車はシトロエンC3。前職は家具メーカーのECサイト運営。現場市場の企画・撮影を担当。知られざる「現場にあると嬉しいモノ」を知ってもらうことを目的に活動中。休日の日課はもちろん洗車です!

投稿一覧へ

メーカー一覧


NP掛け払い

領収書についてはこちら

メールが届かない場合

偽サイトにご注意ください

Twitter

インスタグラム

表示モード: スマートフォン | PC
このページの上部へ